PRODUCT|STUDIO WEDGE M425

重厚な鉄の質感を感じさせる豪胆なたたずまい
マスダゴルフが培ってきたウェッジづくりのノウハウが結晶したスペシャルチューンウェッジ!

Photo:MASDA M425ウェッジ

商品説明

2013年つるやオープンで、男子レギュラーツアー初のエージシュート達成。「スタジオウェッジ M425」は、その際に使用されたプロトタイプウェッジをベースに生まれました。

あらゆる状況で多彩な技のイメージが沸く、グースネックを採用したヘッド形状。プロのリクエストに応え、これまでの技術を結集して生まれた高機能ウェッジです。

鉄が持つ重厚な存在感を発散し、ゴルファーの感性や美意識に訴えかけます。
マスダゴルフにしか出せない、濃密な雰囲気を感じてください。

Photo:MASDA M425ウェッジ

Photo:MASDA M425ウェッジ

Photo:MASDA M425ウェッジ

Photo:MASDA M425ウェッジ

Photo:MASDA M425ウェッジ

スタジオウェッジ M425の特徴

■ グースネック

Photo:MASDA Studio Wedge M425特徴「グースネック」

FP値2mmという強いグースネック。
グースのメリットはラインが出しやすいこと。「M425」は構えた時の肉厚な印象からより太いターゲットラインをイメージできます。

ソールが先に接地しやすく、日本の芝質に強いのもメリットです。
低く抑えた弾道を打つのも容易で、フェースを開いても扱いやすくなっています。

過去の名器の良さを活かしつつ、現代風に正統進化したグースネックウェッジです。


■ 球持ちがよく、喰いつくような芯のある打感

Photo:MASDA Studio Wedge M425特徴「球持ちがよく、喰いつくような芯のある打感」

素材からこだわって選んだ軟鉄鍛造ヘッドを、バックフェース部のCNCミルド加工と熟練工の研磨によって成型。ターゲットをイメージしやすい顔つきとふところ具合、そして高機能なソール形状は厳しい職人の目によって生まれます。

打感・打音もクラブの重要な機能です。一体成型された「M425」の軟鉄鍛造ヘッドは軟らかでボールが喰いつくような芯のある打感が得られます。球持ちが良いので、自然とフィーリングを出しやすくなります。


■ レベルを問わずに使える高機能ウェッジ

Photo:MASDA Studio Wedge M425特徴「レベルを問わずに使える高機能ウェッジ」

抜けの良さとミスへの許容範囲を持たせるため、独自のソール形状を採用しています。ソールが機能することで打点が安定し、打ち出しの高さが揃います。
ボールがフェースに乗るので、強いスピンの利いたゆっくりと重い弾道を打つことが出来ます。

CNCミルドで繰り抜かれたバックフェースによって、ヘッドはこれまでよりも1回り以上大ぶりに。やや広いソール幅と大きめのバウンス角に加え、キャビティ形状の効果もあって、プロモデルながら非常にミスに強くなっています。

上級者から、アプローチの苦手なゴルファーまで、幅広く使えるウェッジです。


■ ロフト角48度の「P/A」をラインナップ

Photo:MASDA Studio Wedge M425特徴「ロフト角48度の「P/A」をラインナップ」

「P/A」(48度)は、これまでの「M425」ウェッジの特徴を踏襲しながら、ソール幅がやや広く、FP値は少し多めで、アイアン番手との流れをより意識した作りです。 100yくらいのフルショットでも短い転がしアプローチでも、ラインを出していける絶妙の顔をしています。

PWのロフト角が44度の「CB-01」アイアンとは相性抜群。普段、飛び系アイアンを使っている方は、「P/A」を一本入れることで、スコアメイクに重要な100ヤード以内がやさしくなります。


Message from Yuji Masda

Photo:語る増田雄二

マスダゴルフは、一人のデザイナーがトータルなイメージを作っている良さがあると思ってます。
ゴルフ場の中に似合うものでなければならないし、存在感がないといけない。そういう意味では、存在感が抜群のウェッジです。
分厚い、奥行きのある感じが表現できて、無骨な鉄の質感が出せたと思います。

構えた時に、いかにも風に強そうな重い弾道のイメージが沸きます。
そのイメージ通りに低めの弾道でゆっくり飛んでいきます。
見た目のイメージと弾道が合うように作っています。

もちろん、開いても使えるし、色んなテクニックが活かせるようになっている多機能ウェッジです。
ベアグラウンドからロブショットを打つことも、このウェッジなら可能なんです。

多くのプロモデルがシャープな切れ味だとすると、豪快なブルトーザーのようなイメージです。

構えた時に、太いターゲットラインがイメージできるように設計しています。
ライン通りにまっすぐ打ち出して欲しいですね。寄せるんじゃなくて、強い球でカップインを狙うような。
ジャンボさんがそうであるようにです。

そんなプレーを可能にしてくれるウェッジですね。

Photo

  • Photo:MASDA スタジオウェッジ M425写真01
  • Photo:MASDA スタジオウェッジ M425写真02
  • Photo:MASDA スタジオウェッジ M425写真03
  • Photo:MASDA スタジオウェッジ M425写真04
  • Photo:MASDA スタジオウェッジ M425写真05
  • Photo:MASDA スタジオウェッジ M425写真06
  • Photo:MASDA スタジオウェッジ M425写真07
  • Photo:MASDA スタジオウェッジ M425写真08
  • Photo:MASDA スタジオウェッジ M425写真09

SPEC

  P/A AW SW
材質 S25C+CNC機械加工
仕上げ ニッケルクロムメッキ/刻印:赤
【特注】ノーメッキ仕上げ・銅メッキ仕上げ/刻印:金
ロフト角(°) 48 52 58
ライ角(°) 63 63 63
バンス角(°) 5 10 14
FP(mm) 0 2 2
クラブ長さ(インチ) 35 35 35
バランス N.S.PRO MODUS3 TX/D3、X/D3、S/D2
ダイナミックゴールド X100/D3、S200/D2、R200/D1
N.S.PRO 950GH X/D3、S/D2、SR/D1、R/D1
クラブ重量(g) N.S.PRO MODUS3(TX) 463 463 463
ダイナミックゴールド(S200) 464 464 464
N.S.PRO 950GH(S) 445 445 445
グリップ スリックフィットグリップ(黒・バックラインあり)
価格 N.S.PRO MODUS3 ニッケルクロムメッキ/定価:1本 32,184円(本体価格:29,800円)
【特注】ノーメッキ仕上げ/定価:1本 27,864円(本体価格:25,800円)
【特注】銅メッキ仕上げ/定価:1本 36,504円(本体価格:33,800円)
ダイナミックゴールド ニッケルクロムメッキ/定価:1本 30,024円(本体価格:27,800円)
【特注】ノーメッキ仕上げ/定価:1本 25,704円(本体価格:23,800円)
【特注】銅メッキ仕上げ/定価:1本 34,344円(本体価格:31,800円)
N.S.PRO 950GH ニッケルクロムメッキ/定価:1本 30,024円(本体価格:27,800円)
【特注】ノーメッキ仕上げ/定価:1本 25,704円(本体価格:23,800円)
【特注】銅メッキ仕上げ/定価:1本 34,344円(本体価格:31,800円)

開発の経緯

その年、クラブ契約が変わったそのプロからのリクエストは、次の5つ。

1. 軟鉄鍛造製
2. 強めのグースネック
3. 大きめのヘッド
4. 強烈なスピン性能
5. 引っかかるイメージのないふところの広さ

長年、プロからの厳しい要望に応えてきた増田にとって、この条件を満たすウェッジを作ること自体は、それほど難しいことではありませんでした。しかし、現代的な性能をそこに加え、過去の名器たちを凌駕する高機能を持たせるために、「M425」には実に多くの工夫を施しています。

肉厚なボリューム感と太い線で構成されたフォルム。
無骨さを感じる顔立ちに、軟鉄の素材感を強く感じさせます。
それでいて、鈍重さな印象は微塵もなく、整った品の良い顔立ちが魅力です。

マスダゴルフの特徴でもある、この迫力あるクラブには、これまで100勝以上の勝利を手にしてきた、そのプロのノウハウが詰まっています。

ソールを大きく削ったシャープなウェッジが日本刀とするなら、この「M425」は刀身が大きく伸びた太刀のような存在です。豪快な切れ味で、他を圧倒します。

Photo:MASDA Studio Wedge M425特徴「純国産軟鉄鍛造」

Common Info

▲このページのトップへ

Blog
Company

有限会社 マスダゴルフ

〒276-0040
千葉県八千代市緑が丘西1-5-1
ユニオンゴルフ緑が丘内

TEL:047-750-7220
FAX:047-750-7221

平日のショールームご利用は《完全予約制》となります。お問い合わせフォームよりご予約ください。

リンク:フォームお問い合わせフォーム