MANUFACTURING|マスダゴルフのものづくり

Photo:MASDA GRIND

クラブデザイナー 増田雄二が技術と経験を傾注した「MASDA GOLF」

マスダゴルフは、創業以来、大手メーカーとは一線を画した独創的な設計思想と、緻密なものづくりで、高機能なプロダクトを生み出し続けています。単なる性能面にとどまらず、ゴルファーの感性に訴えかけ、そのポテンシャルを引き出す事のできるゴルフクラブ、それがMasdaです。

クラブとスイングがシンクロし、最高のパフォーマンスを発揮します。

1. クラブデザイナー 増田雄二が責任設計

ゴルフ史に残る不世出のプロゴルファー、ジャンボこと尾崎将司プロ。
卓越した感性を持ち、ゴルフクラブにも極めて造詣深い、ジャンボ尾崎プロからの信頼を受け、その全盛期のクラブ開発に携わった経験を持つのが、弊社代表、増田雄二です。

その関係は今も変わらず、2013年つるやオープンで、ジャンボ尾崎プロがエージシュートを達成されたとき、そのバッグには、増田が尾崎プロのためだけに制作したスペシャルウェッジが入っていました。後に「スタジオウェッジM425」として製品化するモデルです。

一世を風靡した「WOSS」パター、「TMJ」といった名器の生みの親でもある増田の独創的なクラブ開発のアイディアは、ジャンボ尾崎プロとの妥協を許さないやり取りの中から培われたものです。

高機能をもたらす設計思想と、ゴルファーの感性を満たすデザイン。
増田雄二にしか生み出せない発想が、Masdaのクラブには結晶しています。

▲このページのトップへ