HISTORY|マスダゴルフの歩み

  • 〜ジャンボ尾崎プロとの出会い〜

    日本ゴルフ界最高のスーパースター、”ジャンボ”こと尾崎将司プロ。
    ツアー勝利数は、なんと113勝。世界ゴルフ殿堂入りも果たした不世出の偉大なプロゴルファーです。

    ジャンボ尾崎プロが使用し、国産メーカーのパターとして大ヒットした「WOSS(ウォズ)」をはじめ、クラブデザイナーとして、尾崎プロのプレーを用具面から支えたのが、弊社代表、増田雄二をはじめとする現マスダゴルフのスタッフです。

    実績もさることながら、ゴルフクラブにも極めて造詣の深い尾崎プロ。
    他のデザイナーが作ったパターでは、構えた瞬間に「使えない」とクラブを放ってしまうほど、強いこだわりがありました。

    当時、地元九州で、削り出しパターを独自に製作していた増田に白羽の矢が立ったのはそんな時です。増田の製作したパターを持つと、尾崎プロは何も言わずにパッティングを始めたといいます。

    以降、増田は、チーフデザイナーとしてクラブ制作の指揮を執りました。
    クラブに並々ならぬこだわりのある尾崎プロのクラブには、触ることすら許されるのはごくごくわずかな人に限られます。増田は、そんなジャンボさんに信頼をおかれ、一時期のすべてのクラブデザインに携わったデザイナーです。

    そして現在、マスダゴルフでクラブ製作を行っているスタッフは、増田を筆頭にそのころ腕を磨いていたクラフトマン。
    ジャンボの専属ワークチームだった彼らが、一本一本丁寧にマスダゴルフのクラブを製作しています。

  • 〜マスダゴルフ誕生!〜

    そして、2004年、最高のトッププロとのやり取りの中で生まれたノウハウやアイディアを具現化するべく、マスダゴルフを設立。

    大量生産を行わず、ツアーで培った技術そのままの、自社工場による徹底したモノづくりとアフターサービス。既存メーカーとは異なる斬新なクラブ理論が、プロやドラコン選手、トップアマをはじめとする多くのこだわりゴルファーに支持されています。

    現在も人気の高い「STUDIO-1」パター「スタジオウェッジ」は、当時からスタートした、ゴルフ界では珍しい超ロングセラーモデルです。

    10年近い時間が過ぎても色褪せない設計思想と、ハンドメイドで製作される「STUDIO-1」パターに代表されるように、熟練した技術でひとつひとつ丁寧に作り上げるマスダゴルフの哲学は、どのモデルにも息づいています。

    アイアンでは、過去のクラシックモデルの形状を活かしながら、現代の技術を取り入れた「マッスルプロト」アイアンを発表。その圧倒的な存在感が評判になりました。
    今でこそ、多くのメーカーがラインナップしているマッスルバックですが、当時はマッスルバックアイアンを作っているメーカーはほとんど存在していませんでした。売れる売れないを抜きにして、心意気で作ったアイアンです。

    フェース溝ルールの改正に伴い、2011年にモデルチェンジ。現在もマスダゴルフのフラッグシップモデルとして、多くのゴルファーに愛用いただいています。

    マスダのオリジナルグリップ「スリックフィット」も、発売以来大人気で、非常にロングセラーになっています。
    ドライバーからアイアン、ウェッジやパター、そしてグリップに至るまで、すべてのカテゴリーで独創的なプロダクトを展開しているのもマスダゴルフの強みです。

  • 〜センターバランスと飛ばしの哲学〜

    マスダゴルフの初期の傑作モデル「COMPLETE C-03」ドライバーや「V-ROD」ドライバーでは、“センターバランス”という独自の理論を採用。

    同時代のクラブ開発がこの10年間、深重心、低重心、浅重心などと様々に流行する中、マスダゴルフでは、一貫してシャフト軸線上に近いところに重心があり、クラブが操作しやすく、しかも飛距離性能が極めて高いクラブを世に送り出してきました。

    その代表作である「V-ROD 450」ドライバーは、ボール初速性能に優れ、当時のドラコン日本記録を樹立するなど、その飛ばし性能が大いに人気となりました。増田自身もドラコン競技に参加し、飛距離性能をアピールしました。

    操作性の高さもマスダゴルフの特徴のひとつ。
    「V-430」ドライバー「V-460」FWに代表されるように、スピンコントロールの行いやすさもMasdaの哲学のひとつです。操作性が高く、使えば使うほど、スイングが良くなります。

    2011年に発売した「V-720」アイアンも顔の良さと操作性の高さが特徴の軟鉄鍛造キャビティーです。マスダゴルフの軟鉄鍛造アイアンとウェッジは、すべて国内で鍛造・研磨され、千葉県八千代市のマスダゴルフ本社工場で仕上げます。

    2012年には、「VP-6」ドライバーを発表します。
    構想から丸5年かけて製作した「VP-6」は、圧倒的にやさしく、誰もが飛ばせるドライバーになりました。

    翌年には「VP-6」FWを発表。
    アベレージ層には難しいクラブだったFWが地面からやさしく飛ばせるモデルです。

    2013年のつるやオープンで、ジャンボ尾崎プロがエージシュートの偉業を達成されました。その時使用されていたのが、後に「スタジオウェッジ M425」として市販するスペシャルウェッジ。
    そして、長尺で飛距離を伸ばせる高弾性シャフト「D-65」です。

    2014年で10周年となるマスダゴルフ。
    ひきつづき新しい独創的なゴルフクラブを生み出していきます。

▲このページのトップへ