STUDIO-1 レフティ

Photo:STUDIO-1 レフティ パター

STUDIO-1 レフティ パター

鉄の塊から一本一本生み出されるハンドメイドパター
構えやすさ、座りの良さ、絶妙のふところ具合
ロングセラーを続けているマスダゴルフ『STUDIO−1 レフティモデル』が登場!

重厚感溢れるフォルムで、マスダゴルフのスピリットを象徴するモデル。

構えた瞬間に感じる圧倒的な存在感と信頼感。
軟鉄ならではのずっしりと重い打感と澄んだ打音を持ち、安定したストロークと芝目に負けない強い転がりを実現します。

無骨で骨太なまとまりの中に、繊細なタッチを出せる形状の美しさを持ち合わせたパターです。

10年以上のロングセラーを続ける『STUDIO-1』に待望のレフティモデルを追加しました。

Photo:STUDIO-1 レフティ パター

Photo:STUDIO-1 レフティ パター

  • 特徴・メッセージ
  • スペック

■ 鉄の塊(インゴット)から一本づつ手造り

Photo:STUDIO-1 パター特徴1

パター素材として最適な軟鉄素材の塊(インゴット)をCNC機械加工によって削り出し、熟練工による手作業によって、形状を整えるハンドメイドパターです。
研磨機による成型のほか、ヤスリを使って形を整えます。

一つの鉄塊から出来るのは、わずか一本です。

■ 軟鉄製の芯のある打感

Photo:STUDIO-1 パター特徴2

マスダゴルフのSTUDIOパターは、軟鉄素材を採用しています。
素材の持つ質感を活かしながら、軟らかで芯のある極上のフィーリングを備えています。

インパクトの打感と打音は、距離感を作る上で非常に重要です。
鉄ならではの感触によって、ボールに接触する時間を長く感じられ、よりプレーヤーの感性を活かすことが出来ます。

■ 形状の美しさと安心感

Photo:STUDIO-1 パター特徴3

顔の良さ、座りの良さ、つかまりをイメージできるフトコロ感は、マスダゴルフの真骨頂です。

特筆すべきは、太い線と伸びやかな曲線で構成された存在感抜群のヘッド形状。
増田雄二しか出せない、豪胆さと繊細さを併せ持ち、独特のたたずまいを湛えています。

ここという場面で心から信頼し、頼ることの出来るパターです。

■ 自分だけのカスタマイズ可能

Photo:STUDIO-1 パター特徴4

表面仕上げは、標準のものに加え、ブロンズ仕上げ(銅メッキ)、ブラックコート仕上げ(別料金)などに対応可能です。
長さやライ角はもちろん、フェースアングルの変更も対応可能です。

ドットやサイトラインの追加や刻印への色入れに加え、フェースに好きな文字も承ります。
多くのプロの要望に応えてきた、マスダゴルフの技術で自分だけの一本をつくるお手伝いをします。

※別途料金がかかります。⇒「カスタム一覧」

Message from Yuji Masda

  • Photo:語る増田雄二

    『STUDIO-1』は、マスダゴルフのスピリットを象徴するモデルです。
    おかげさまで、10年以上のロングセラーとなり、現在も人気NO.1のパターです。
    そして今回、要望の多かったレフティモデルを開発しました。

    右打ちだとレフティのモデルは作れないんじゃないか、と思われがちですが、
    僕自身はレフティを作るのが非常に得意なんです。

    ただ図面を反対につくればいいというわけではなくて、そこにはレフティモデルならではのノウハウがあります。

    こだわりのあるレフティゴルファーにも満足いただける仕上がりになっていると思います。

製作工程

1. 鉄の塊(インゴット)をCNC機械加工によって削りだし

Photo:STUDIO-1 製作工程1

2.増田雄二をはじめとするマスダゴルフの職人集団が手作業で成型

Photo:STUDIO-1 製作工程2

3.メッキ、刻印・色入れなどの仕上げ作業。ご希望のスペックに組み立てます。

Photo:STUDIO-1 製作工程3

スペック

Spec

材質 S50C軟鉄+機械加工
仕上げ ブロンズ(銅メッキ)仕上げ
ロフト角(°) 4
ライ角(°) 72
グリップ Masda オリジナル パターグリップ
クラブ長さ(インチ) 33~35インチ(いずれかを選択)
クラブ重量(g) 565g(34インチ・スタンダード装着)
価格 定価:1本 58,300円(本体価格:53,000円)
その他 専用ヘッドカバー付

関連リンク